とことん中国語


中国語をとことん探求するブロ具
by blueskywide
カテゴリ
全体
はじめに
とことん漢字
とことん文法
とことん発音
見て中〜
必勝・中検対策
日常のこと
未分類
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
とことん発音 【 cha..
from とことん中国語
とことん発音 【 cha..
from とことん中国語
とことん漢字 【 汉 ..
from とことん中国語
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

自信は忘れたころにやってくる

ネットはずいぶん昔からやっています。
今はやりのものを追いかけるばかりでなく、
むかし自分で書いた文章を読み直してみると、
なにか、しっとりとするものです。

今回はそんな文章の中から・・。


■ 自信は忘れたころにやってくる  ■ 

先日、ある会合で20年ぶりに先輩に会った。
酒を組み交わしながら、学生時代にもどったように
楽しい時間を過ごした。

「そういえば、お前、身体能力が抜群だったよな〜」

その先輩は大学のサッカー部の先輩で
学生時代は公私に渡り、いろいろとお世話になった。

当時、私は下手なゴールキーパーだった。
それが突然「身体能力が抜群だった」と言われたのである。

「あの時、PKを2回も止めたよな」

そういえば、2年生の時、その地方では一番強いチームと対戦した。
こちらは劣勢なので、ゴールキーパーは大忙し、
ついにディフェンスが反則をして、PKを取られてしまった。

たぶん、左側だったと思う、
思いきり飛んだ。

左手に感触があり、ボールが外に転がるのが見えた。

「やった〜! PKを止めた〜」

その時、レフリーの笛が鳴った。
キッカーが蹴る前に、ゴールキーパーが動いたというのである。

やり直しである。

でも、何か自信があった。
今度も左に飛んだ。

また、左手に感触があり、ボールの方向が変わった。
すぐにその先輩がボールを蹴り出した。

結局、ひとつの試合でPKを2回もとめたことになった。

試合は負けはしたけど、地域一番のチームと善戦した試合だった。

その当時は、みんなから祝福されて、
自分自身「俺って、結構いけるかも」と
思った時もあった。

逆に、ゴールキーパーのせいで負けた試合もたくさんあった。
その度に、肩を落としてしまっていた。
私は失敗した時の落胆から回復するのに時間がかかる性格だった。

結局、長続きせずそのクラブを止めてしまった。

 



 

「身体能力はあったけど、心臓が弱いんだよ、こいつは」
その先輩はいっしょに飲んでいた人に、説明した。

しかし、私には思いもかけない
「お前は身体能力が抜群だった」という言葉が
気持ちを明るくしてくれた。

自分では当時も今も、そんなことは一度も思ったこともない
まして、他人がそんなことを思っているなんて
とても信じられなかった。

当時は「一番下手なキーパー」だと思っていたし、
今でもあんまりいい印象は残っていない。

でも、私は「身体能力が抜群だった」のである。

 



 

やっと今頃になって、
「自信は人が教えてくれる」
ことに気づいたのである。


「自分では自分のよさはわかりにくい」
ことに気づいたのである。

 



 

「地震は忘れたころにやってくる」そうだが、
私の自信も忘れたころにやって来た。
[PR]

by blueskywide | 2007-05-27 02:44 | 日常のこと
<< 人間、何が幸いするかわからん ブラウザーを変えてみた・・ >>