とことん中国語


中国語をとことん探求するブロ具
by blueskywide
カテゴリ
全体
はじめに
とことん漢字
とことん文法
とことん発音
見て中〜
必勝・中検対策
日常のこと
未分類
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
とことん発音 【 cha..
from とことん中国語
とことん発音 【 cha..
from とことん中国語
とことん漢字 【 汉 ..
from とことん中国語
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

初级教室也很有用

现在有两个汉语课,初级和中级。
在中级教室参加人都会说汉语很流利。
参加中级教室的人都能很流利的说汉语。

我听不懂的时候,他们先黑板上写一些字,再对我说明。

然后别人起来写着问,老师,这样表示也可以吗?

老师说,可以!。

对我来说中级教室很有用。



不仅中级教室,而且初级教室非常有用。

老师说,请跟我读, ・・我想去长城・・。

那就一个人说,

我说,我想去长城,

老师说,再说一遍,

我说,我想去长城,

老师说,长城,

我说,长城,

老师说,长城・・


・・


老师说,直子女士,你说,

她说,长城,

老师马上说,很好!很好!




・・对我来说,初级教室也很有用(笑。
[PR]

# by blueskywide | 2007-07-01 08:09 | 日常のこと

中国語の発音をはじめからやり直す (7)

そもそも、中国語の発音の前に・・

日本語の発音がちゃんとできているのかが、心配になったので(笑、

日本語の朗読のページを探してみました。

朗読 Channel



それに、どうしたら日本語を「ゆっくり、きちんと、話せるか」については

音読・朗読・表現よみの学校

をお読みください。


このように・・

母国語の「音読・朗読・表現よみ」でさえ、結構難しいものです。



日本語にしても、外国語にしても、

姿勢を正して、胸を張って、ゆっくり、たっぷりと話すようにしたいですね。
[PR]

# by blueskywide | 2007-06-30 22:32

中国語の発音をはじめからやり直す (6)

6月27日-「中国語の甘い罠」

10年以上前に半年くらいインドに住んでいたことがあります。

その内の1ヶ月くらいは、西ガート山脈の標高2000mくらいの
山中で過ごしました。

そこは深い谷のある紅茶園で、朝夕は霧がかかり、野生のアジア象や
バイソン、猿や鹿を毎日のように見ることができました。

人々は、深い谷を登り下りしながら、紅茶摘みをしていました。

ある日、現地の人が谷の向こう側の人と連絡をしなければならない
ことが発生したのです。

彼は、息を大きく吸い、手をメガホンのようにして、

お腹から、短く、はっきりと、抑揚をつけて、声を出しました。

相手は聞こえたのか、向こう側からも

短く、はっきりと、抑揚をつけた音が返ってきました。


いま、このことを思い出すと、

あの広い大陸で、中国の人たちが相手とコミュニケーションを取るとき、

お腹から、声を出して、短く、はっきりと、抑揚をつけて
話さなければならない、理由がわかります。


中国語は、お腹から、強くはっきりと声を出す言語です。

そのために、瞬間的に声門閉鎖が行われたり、声道を狭めて
息を強く出すようになったのかもしれません。(この点は私見)

口先だけではない、体全体を使った発声法が必要ですね。
[PR]

# by blueskywide | 2007-06-29 06:29 | とことん発音

中国語の発音をはじめからやり直す   (5)

いつも「ゆっくり、はっきりと、話すように」という中国語の先生が

先日の「中級中国語勉強会」の時に持って来た資料が・・

  放不下的是你

という、中国語の散文。

その先生は「朗読」にハマっていて、ネットで朗読をしているそうです。



放不下的是你の下をクリックすると音声が聴けますので

先生が「ゆっくり、はっきりと、話すように」という意味が良くわかります。

聴いているだけでは意味はわかりませんが、感情は伝わってきますよ。

このような音声を、はやくちゃんと聴けるようになりたいですね。
[PR]

# by blueskywide | 2007-06-28 07:17 | とことん発音

中国語の発音をはじめからやり直す   (4)

昨日の「中級中国語講座」の様子の続き・・


先輩:もう一度 我 是 日 本 人 wǒ shì rì běn rén  と言ってみてください。

私 :我 是 日 本 人 wǒ shì rì běn rén

先輩:我 是  wǒ shì  の shì  の音が xu になっていますね。

私 :そうですかぁ〜。

先輩:もっとこう〜 音の出ない口笛を吹くように・・
   


この 音の出ない口笛を吹くように・・ というのは初めてききました。

これが、結構、効果があるんですね。



いままで shì  の音にしても r の音にしても(その他のそり舌音も)



顎を引いて、口に空間を作り、それを舌の壁で塞ぎ

舌の中央部を丸めて、真ん中から息をいきよい良く出すこと

r の音の舌根部の震え、もっと言えば腹筋を使った発音
 などを

きちんと行っていなかったなあ、と思いました。



それで、音の出ない口笛を吹くように・・ という表現には納得しました。



なんか、一日にひとつの音の習得、って感じですが、

それも、結構おもしろいものです。
[PR]

# by blueskywide | 2007-06-27 21:32 | とことん発音